東北アジアの平和と安全のために

アメリカ、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)、日本、韓国、中国、ロシア、東北アジア6か国の政府国民に訴える

私たちは、このたびの米国の元大統領クリントン氏と韓国の現代グループ玄貞恩会長の平壌訪問、金正日国防委員長との会見を好機として、関係各国の政府と国民に、平和のための対話と外交を進めるよう訴える。

両者の平壌訪問は、アメリカ人ジャーナリストの釈放、現代峨山社員の釈放をもたらしたが、それにとどまらず、東北アジアの緊張を緩和する包括的な対話のためのステップとなることが期待される。すでに北朝鮮は、金正日クリントン会談のあとに、対米関係における諸問題を対話によって解決するという願望を表明している。だが、米国政府はさしあたり公式的には、核問題は6者協議の枠内でしか交渉しないという態度を再確認しているように見える。他方で経済制裁、金融制裁の

一層の強化もほのめかされている。対話の展望は依然として霧の中である。

 

東北アジアの危機の深まりは核問題だけからくるのではない。朝鮮戦争を終わらせる平和条約がいまだなく、停戦協定しかないことが問題である。ここに朝鮮半島の准戦時状態の根がある。このたびの新たな事態の展開の下で、希望と憂慮の入りまじった感情をいだく私たち、韓国、米国、日本の知識人市民は、ここに共同声明をもって、私たちの認識と要望を表明する。

本年初め、米国オバマ大統領は北朝鮮との対話と協調の意思を示し、金正日国防委員長と会見する用意があると明らかにした。この結果、東北アジアでも、また世界各地でも、東北アジアの事態が外交的に打開されるという期待が高まった。ところが、その後に起こったことはわれわれの期待に反することだった。軍事的緊張が逆に高まり、東北アジア地域は核問題の急進展の恐怖にのみこまれてしまった。

 

最高人民会議の開催に合わせて、北朝鮮は人工衛星の打ち上げを行うと発表した。それが実施されたのは、たまたまオバマ大統領がプラハで「核兵器のない世界」をめざすという演説を行う当日の朝となった。大統領はその歴史的演説の中で、北朝鮮を「ルール違反」と非難し、「罰をあたえる」と宣言した。国連安全保障理事会は議長声明でこの「打ち上げ」を非難し、既存の制裁の強化をもとめた。

 

5月25日北朝鮮はこの声明を主権の侵害とみて、核実験の実施によって対抗した。これに対し、国連安保理事会は以前の決議違反だとして決議1874を採択した。7月2日と4日、北朝鮮はあい次いで短距離と中距離のミサイル発射テストを行った。強硬な対応が強硬な対応を引き出す悪循環である。

 

安保理決議1874によれば、北朝鮮は武器の輸出を禁止され、その船舶は臨検の脅威にさらされ、禁止物は没収される。アメリカ、韓国、日本による海上臨検が北朝鮮船舶に対して実施されるなら、東北アジアの緊張は危機的な事態になるであろう。

 

事態の進行を逆転させなければならない。危機をもたらした経緯を冷静に分析し、緊張を緩和し、衝突を避けるための現実的な方策を講じなければならない。これが本年初夏以来すべての関係国政府に求められている課題なのである。そこでわれわれは次のように要請する。

 

第一に、われわれは、オバマ大統領と金正日国防委員長が対話と交渉の路線に戻り、緊張緩和の方向に着実に歩を進めることをあらためて強く要請する。そのために、公開、非公開を問わず、二国間であれ多国間であれ、特使の派遣もふくめ、米朝交渉をただちにはじめることを要望する。両首脳は、この交渉が達成すべき目標は両国関係の正常化、戦争状態の終結、朝鮮半島の非核化であることを明言し、その第一歩として、相互の主権を尊重することを宣言すべきである。両国の国民は両国首脳がこの道を進むのを支持してもらいたい。

 

第二に、われわれは、東北アジア地域の核保有国アメリカ、中国、ロシアに対して、北朝鮮に核兵器開発をやめさせるために、これら三国がNPT条約にそって核軍縮の展望を示すことを要望する。また日本と韓国は、自国が依存する米国の核の傘(拡大核抑止力)自体が朝鮮半島と東北アジア地域の非核化のために議論の対象とすべき問題であることを認識しなければならない。こうした目的を達成するためには、大量破壊兵器と通常兵器をともに含めて、この地域の軍備のレベルを引き下げていくために東北アジア軍縮会議が開かれるべきである。

 

第三に、われわれは、日本政府と国民が北朝鮮との交渉の道をあらためて見いだすことを要望する。日本政府と国民は、拉致問題で北朝鮮に制裁を加えることを主張し、率先して北朝鮮からの輸出を拒否し、北朝鮮の船舶の入港を禁止してきた。外交交渉は完全に断たれている。日本は6者協議のもとで北朝鮮に重油を提供する義務を拒否してきた。その日本がロケット打ち上げに対する国連の制裁を主導したのである。いまや、日本政府はあらたに北朝鮮への輸出を禁止するにいたった。日本政府と国民は、現在の危機に対する自らの歴史的責任を自覚し、日朝平壌宣言(2002年)に立ち返り、北朝鮮との関係正常化の交渉を再開しなければならない。

 

第四に、われわれは、韓国の政府と国民が、現代グループ玄貞恩会長の平壌訪問によって開かれた機会を生かして、朝鮮半島の軍事的緊張を高めることに無条件で反対し、北朝鮮の船舶に対する臨検には参加しないと明らかにすることを要望する。そして韓国が北朝鮮との関係改善の機会を積極的につくりだすように努めることを要請する。2000年の南北首脳会談が東北アジアの冷戦構造を根本的に解体させる歴史的契機となったことを思うとき、韓国政府はこれまでの南北首脳により結ばれた協定を尊重して、北朝鮮と対話し、協力する道にもどることにより、東北アジアのあらたな軍事的緊張を解消するためにイニシアティヴを発揮しなければならない。

 

第五に、われわれは中国とロシアの政府が、北朝鮮の問題、東北アジアの安全保障、そして核兵器競争に深い関わりをもっていることを生かして、エスカレーションの循環をとめ、対立する当事者を交渉の席につかせ、和解を提案することによって東北アジアの核兵器をなくし、通常兵器の軍縮を実現するように働いてくれることを要望する。

 

最後に、われわれは、国連事務総長、安全保障理事会議長、そして国連の全加盟国がエスカレーションの悪循環がおこっていることを認識し、すべての当事者を話し合いの場にもどらせ、日朝、米朝関係の正常化と朝鮮戦争全面終結の平和条約を含めた、核と平和をめぐる広範な問題の解決に向かわせるよう最大限の努力を尽くすことを要望する。

 

2009年 8月 20日

 

韓國
姜萬吉(Kang Mangil)
Professor Emeritus of History at Korea University / Former President of Sangji University
白樂晴(Paik Nakchung) Professor Emeritus of English at Seoul National University / South Korean Chair Emeritus of the All-Korean Committee for Implementation of the June 15 Joint Declaration
徐洸善(Suh, David Kwangsun) Professor Emeritus of Theology at Ewha Woman’s University
李效再(Lee Hyojae) Professor Emeritus of Sociology at Ewha Womans University
鄭鉉栢(Chung Hyunback) Professor of History at Sungkyunkwan University
曺恩(Cho Uhn) Professor of Sociology at Dongguk University
Milan Hejtmanek, Professor of Korean History at Seoul National University
韓完相(Han Wansang) Former President of Hansung University / Former Minister of Unification
洪彰義(Hong Changyee) Professor Emeritus of Medicine at Seoul National University
金榮作(Kim Youngjak) Professor Emeritus of Politics, Kookmin University / Former National Assemblyman
高有煥(Koh Yuhwan) Professor of North Korean Studies at Dongguk University
朴淳成(Park Sunsong) Professor of North Korean Studies at Dongguk University
白鶴淳(Paik Haksoon) Director of Inter-Korean Relations Studies Program, Sejong Institute
高銀(Go Un) Poet / Former President of Writers Association of Korea / Former Chairman of People’s Arts Association for Korean Artists
孔枝泳(Kong Jiyoung) Novelist
金炳翼(Kim Byongik) Literary Critic / Standing Adviser of Literature and Intellect Publishers / Former Chairman of Arts Council Korea
金潤洙(Kim Yoonsoo) Art Critic / Former Chair-person of The Korean People Artist Federation
申庚林(Shin Kyungrim) Poet / Professor at Dongguk University
廉武雄(Yom Mooung) Literary Critic
李滄東(Lee Changdong) Film Director/ Former Minister of Culture and Tourism
玄基榮(Hyun Kiyoung) Novelist / Former Director, Korean Culture and Arts Foundation

金秉相(Kim Byungsang) Monsignor, Roman Cathol Church
金祥根(Kim Sangkeun) Protestant Minister / South Korean Chair of the All-Korean Committee for Implementation of the June 15 Joint Declaration
明盡(Myongjin) Abbot of Bong-eun Buddhist Temple
李善宗(Lee Sunjong) Head of Won-Buddhist Seoul Diocese
兪暻在(Yu Kyeongjae) Minister, Korean Presbyterian Church
靑和(Chunghwa) Former Director of Bureau of Education, Jogye Order of Korean Buddhism
咸世雄(Ham Seiung) Catholic Priest / President of the Korea Democracy Foundation

朴在承(Park Jaeseung) Former President of Korean Bar Association
崔炳模(Choi Byungmo) Former President of Lawyers for a Democratic Society
韓勝憲(Hahn Seunghun) Lawyer / Former Chairman of the Board of Audit and Inspection of Korea

金允玉(Kim Yoonok) Former Chair-person of the Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan
朴相曾(Park Sangjeung) Chairman, the Beautiful Foundation
朴英淑(Park Youngsook) Former Chair-person of the Korea Foundation for Women
朴元淳(Park Wonsoon) Chief Executive Director of the Hope Institute
吳在植(Oh Jaeshik) Former President of World Vision Korea
李文淑(Lee Moonsook) Director of Korea Church Women United
李秀浩(Lee Sooho) Former President of Korean Confederation of Trade Unions
李昌馥(Lee Changbok) Co-Chair of Korean Council for Reconciliation and Cooperation / Former National Assemblyman
李海學(Lee Haehak) President, Successors of June Democratic Movement
林東源(Lim Dongwon) Chair-person of The Hankyoreh Foundation for Reunification and Culture / Former Minister of Unification
林采正(Lim Chaejung) Former Speaker of the National Assembly
鄭康子(Jung Kangja) Former Standing Commissioner, National Human Rights Commission of Korea / Former Chair-person of Korean Womenlink

北米·濠洲
Charles Armstrong,
Director, Center for Korean Research, Columbia University
Edward Baker, Associate, Harvard-Yenching Institute, Harvard University
Herbert P. Bix, Professor of history, Binghamton University
Richard Broinowski, Australian diplomat (retired), Ambassador to the Republic of Korea 1987 to 1989
Noam Chomsky, Professor of Linguistics (emeritus), MIT
Anthony DiFilippo, Professor of Sociology, Lincoln University
Alexis Dudden, Associate Professor of History, University of Connecticut
Henry Em, Associate Professor, East Asian Studies, New York University
Matthew Evangelista, Professor and Chair, Government, Cornell University
John Gittings, Centre of Chinese Studies, SOAS, London
Andrew Gordon, Professor of History, Harvard University
Mel Gurtov, Professor Emeritus, Political Science, Portland State University
Tom Grunfeld, Professor, Empire State College, State University of New York
Kimie Hara, Professor of History, University of Waterloo, Canada
Martin Hart-Landsberg, Professor of Economics, Lewis and Clark College
Laura Hein, Professor of History, Northwestern University
J.E. Hoare, HM’s Diplomatic Service (retired), British Representative in Pyongyang 2001-2002
Samuel S. Kim, Senior Research Scholar, Weatherhead East Asian Institute, Columbia University
Victor Koschmann, Professor and Chair, History, Cornell University
Peter Kuznick, Director, Nuclear Studies Institute, American University
Namhee Lee, Associate Professor, UCLA
Catherine Lutz, Professor, Watson Institute for International Studies, Brown University
Gavan McCormack, Professor Emeritus, Australian National University
Katharine H.S. Moon, Professor of Political Science, WellesleyCollege
Sam Noumoff, McGill University, Montreal, Canada
Mark Selden, Senior Research Associate, East Asia Program, Cornell University
Alvin So, Professor, Social Sciences, Hong Kong University of Science & Technology
Jae-Jung Suh, Director of Korean Studies, Johns Hopkins University
Immanuel Wallerstein, Senior Research Fellow, Yale University
Theodore Jun Yoo, Associate Professor, University of Hawaii at Manoa

日本
浅井基文
Director, Hiroshima Peace Institute
遠藤誠治 Professor, Seikei University / President, Peace Studies Association of Japan
深水正勝 Priest / Former Secretary General, Japanese Catholic Council for Justice and Peace
福山真劫 Secretary General, Forum for Peace, Human Rights and Environment
我部政明 Professor, Ryukyu University
石田雄 Professor Emeritus, University of Tokyo
石坂浩一 Associate Professor, Rikkyo University / Chairman, National Coalition for Normalization of Japan-DPRK Relations
伊藤成彦 Professor Emeritus, Chuo University
姜尚中 Professor, University of Tokyo
柄谷行人 Critic
加藤節 Professor, Seikei University
川崎哲 Executive Committee member, Peace Boat
小森陽一 Professor, University of Tokyo
古関彰一 Professor, Dokkyo University
前田哲男 Military Analyst
村井吉敬 Professor, Waseda University
武者小路公秀 Director, Asian-Pacific Research Center, Osaka Keiho University
大江健三郎 Novelist
岡本厚 Editor-in-chief, Magazine
大田昌秀 Former Governor of Okinawa Prefecture
斎藤純一 Professor, Waseda University
坂本義和 Professor Emeritus, University of Tokyo
清水澄子 Chairperson Forum for Peace, Human Rights and Environment / Former Member of Parliament
白柳誠一 Cardinal
東海林勤 Protestant Priest / Director, Koryo Museum
徐勝 Director, Center for Korean Studies, Ritsumeikan University
高橋哲哉 Professor, Tokyo University
高崎宗司 Professor, Tsuda Women University
暉峻淑子 Professor Emeritus, Saitama University
辻井喬 Novelist and Poet
鶴見俊輔 Philosopher
鵜飼哲 Professor, Hitotsubashi University
梅林宏道 Special Advisor, Peace Depot Inc.
内海愛子 Professor Emeritus, Keisen Women University
和田春樹 Professor Emeritus, University of Tokyo
山室英男 Former Chief Commentator of the NHK

_M#]