[目次] 2017年 冬号 (通卷178号)

卷頭言

白智延 / 広場の声を引き継ぐ日常の革命

 

特集_ろうそくの目で韓国文学を読む

韓基煜 / ろうそく民主主義の時代の文学

沈眞卿 / 新たなフェミニズムのナラティブの政治学のために

黃圭官 / デモスの再構成そして詩

 

対話

レベッカ・ソルニット(Rebecca Solnit)・白英瓊 / 平等な世界は平等な過程で: レベッカ・ソルニットへのインタビュー

 

論壇

李日栄 / コモンズ(Commons)と新たな体制:代案を探って

 

現場

河昇秀 / 民主主義は進展しているか: シンゴリ5·6号機の公論化委員会の活動評価

李禪昱 / 地域文学の夕方

 

金明氣 / 清涼里 ほか

金明仁 / ナマズ ほか

金思伊 / お見舞い ほか

金アン / 秋崖飛瀑 ほか 

金鎭完 / ちょっと ほか

遊瓼羽 / 天井 ほか

李ギョンリム / 壊れた時計の間に下りていく階段 2 他

李旻河 / 罪の味 ほか

李珍明 / 野菜畑の歌 ほか

蔡佶佑 / 殻 ほか

河鍾五 / 晩年 1 ほか

許銀實 / 譲り受けた睡眠 ほか

 

小説

金蓬坤 / ラストラブソング

金世喜 / 静かな日々

孫元平 / 4月の雪

片惠英 / 後見

金錦姬 / 敬愛の心 (長編連載 4)

 

作家スポットライト 李時英の詩集 『河東』

朴濬 / 水の仕事、詩の仕事

 

文学評論

李城赫 / 危機の中の批評と詩の美学的倫理: 2010年代の詩人の「詩のパレシア」

南相旭 / 民主主義と文学、そして憲法の表裏

 

文学フォーカス

金成重・朴笑蘭・韓永仁 / この季節に注目すべきの新刊

 

散文

韓江 / その言葉を心臓で受けて書くように

 

寸評

具甲祐 / ヘイズル スミス(Hazel Smith) 『北朝鮮の市場と先軍政治』

河大淸 / 『科学雑誌「エピ(epi)」』の創刊号

成銀愛 / E. T. A.ホフマン(Hoffmann)の『砂の男』

崔亨黙 / 姜仁哲の『宗教と軍隊』

具晙謨 / ティモシー・ミッチェル(Timothy Mitchell)の『炭素民主主義』

梁承勳) / キャシー オニール(Cathy O’Neil)の『大量破壊数学武器』

梁孝實 / 金ミンジョン・金ギョンミ編の『多文化主義とフェミニズム』

ユン・ボラ / トム ニコルズ(Tom Nichols)の『専門家と強敵』

 

読者レヴュー

尹泓焙 / 「いま―ここ」の現実の問題を

柳眞 / 黒死病医師のくちばし仮面

 

第32回  万海文学賞 発表 

本賞 金正煥の詩集 『私の身に降りて座った地名』

特別賞 黃晳暎・李在儀・田龍浩の記録、『死を越えて時代を闇を超えて』

 

第19回 白石文学賞 発表

愼鏞穆の詩集 『誰かが誰かを呼んだら私が振り替えてみた』

 

創批の新刊