[目次] 2018年 夏号 (通卷180号)

卷頭言

白英瓊 / 分断の彼方の生活とコモンズ

 

特集_文学というコモンズ

黃靜雅 / 文学性とコモンズ

白智延 / フェミニズムと公共の生、そして文学

崔眞碩 / 共-同的事件の批評のために: 文学というコモンズと批評の問題

 

対話

金高連珠・金瑞花・金志恩・崔玄希 / いまこそフェミニズム教育を

 

論壇

李貞澈 / 揺れる板門店そして平和への並進

 

現場

李向珪 / 「部屋の中の象」を語る時: 異国の地で感じる南北首脳会談

金光男・黃民鎬 / 食糧基盤の循環と共生の共同体: 沃川の物語

 

吉相鎬 / 互いの母 ほか

盧香林 /敦煌は路地の端にもある ほか

朴時夏 / 鹿 ほか

徐孝仁 / 首都圏は突風注意報 ほか

成美旌 / 私、無為の家 ほか

申榮培 / 水のバスが止まる停留場 ほか  

李永在 / りんごはない ほか

李章旭 / ウサギの角 ほか

李海存 / 鉄条網 ほか

鄭宇泳 / ひもじさに食われる ほか

朱民賢 / 鴨らの合唱 ほか

黃惠卿 / そうさ、 ほか

 

小説

金惠珍 / 村の人

張恩珍 / へんぴな所

鄭智敦 / 光はどこからでも来る

金呂玲 / 一週間(長編連載2)

 

文学評論

黃圭官 / 自由と革命と愛に向けた旅: 金洙暎の詩の世界

ボウデヴァイン・ワルラヴェン(Boudewijn Walraven) / 家事、疎通、そして世論(全丞姬訳)

エレイン・ショーウォーター(Elaine Showalter) / 暴力を想像する: オルダーマ(Alderman)の 『パワー』とフェミニストファンタジー(金・ヨンア訳)

 

作家スポットライト 安載成の長編小説『誰も記憶しない』

金海慈 / すべての戦争は悪いということ

 

文学フォーカス

金鍾勳・シンセッビョル・崔眞英 / この季節に注目すべきの新刊

 

寸評

成碩濟 / 李佑成・林熒澤編訳の『朝鮮時代の漢文短編集』

金・コムチ / 眞並恭介の『牛と土』

鄭弘樹 / ジョン・スンチョルの『方言の発見』

金京媛 / ノーマ・フィールド(Norma Field)の『小林多喜二』

劉賢美 / ソウル大学人権センタージョンジンソン研究チームの『引っ張られていく、捨てられる、私たちの前に立つ』

李貞淑 / ロクサーヌ・ゲイ(Roxane Gay)の『ハンガー』

金起興 / 金・テホ編の『「科学大統領朴正煕」の神話を越えて』

印雅瑛 / エカ・クルニアワン(Eka Kurniawan)の『虎の男』

 

第11回 創批長編小説賞の発表

創批の新刊

読者の声