[目次] 2005年 冬号 (通卷 130号)

 

卷頭言

進歩陣営は政策的代案勢力として生まれ変わるべきである / 李南周

 

特集 _ 87年体制の克服を目指して

金鍾曄 / 分断体制と87年体制 
朴明林 / 87年の憲政体制の改革と韓国の民主主義 
尹相喆 / 87年体制の政治地形 
劉哲奎 / 80年代後半以降の経済構造変化の意味 
金明煥 / 87年以降の民族文学論 

 

論壇

李必烈 / 持続不可能な発展の持続か転換か 
ビル・マッキベン(Bill Mckibben) / カトリナ以後のアメリカ 
デビッド・モース(David Morse) / 人種虐殺を促す石油争奪戦 

 

季刊評

朴瑩浚 / 象徴となるための身振り 
白智延 / 成長ナラティブと亀裂の想像力 

 

鄭喜成 /「夢遊白翎圖」ほか 
李起哲 /「愛に対する半跏思惟」ほか 
張錫南 /「月夜」ほか 
イ・キョンリム /「トットッ トトッ」ほか 
張大松 /「海」ほか 
李仲基 /「蒙古斑の悲しみ」ほか 
ジョ・ウンキル /「森の香りのヴィラ」ほか 
崔丞喆 /「ウサギ焼く人」ほか 
朴蓮浚 /「足と子宮」ほか 
金成大 /「版画のように私は暮らしています」ほか 
浪淘沙(ランタオシャ) /「農民工、この時代の最も鎮痛な名よ」ほか 
姜恩喬 /「ある会議場にて」

 

小説

金源一 / オマニ星 
金薰 / 航路標識 
金度言 / 苦痛の管理 
金愛爛 / ベーター星が子午線を通り過ぎる時、私に 
キム・サクァ / ヨンイ 
朴玟奎 / ピンポン3 

 

集中照明

孫香淑 / ハリーポッター(Harry Potter)は児童文学の古典としてのこるだろうか 
李旭淵 / 中国文学への道: 莫言(モーイェン)と韓国の中の中国文学 
白池雲 / 村上春樹と東アジアの歴史的記憶 

 

文学論

成銀愛 / 「君は私の運命」 
シム・ヨンソップ / プサン国際映画祭10年 

 

寸評

李日榮 / 康俊晩 『李健熙(イ・コンヒ)時代』 
韓貞淑 / 安秉稷 外『世界の過去史の清算』 
申尹東旭 / 權仁淑 『大韓民国は軍隊だ』 
韓貞淑 / 朱剛玄 『帝国の海、殖民の海』 
金上煥 / Edward W. Said 『フロイトと非ヨーロッパ人』(Freud and the Non-European
洪廷善 / 李元揆 『若山 金元鳳(キム・ウォンボン)』 
黄光穗 / 徐榮裀 評論集『衝突する相違点の深層』、呉昶銀 評論集『批評の冒険』 
崔康民 / 孫弘奎 小説集『人間の神話』 
李秉律 / アラン•ド ボトン(Alain de Botton) 『旅する哲学』(The Art of Travel
蘇光燮 / 科学思想研究会編 『すべての生命について』 

 

読者の声

 

第7回白石文学賞発表

 

2005年創批新人文学賞発表