韓国の近代を生き抜いただけ:記憶と現在性の芸術としての『父親に行ったのよ』 / 韓基煜(ハン・ギウク)

 

創作と批評 193号(2021年 秋)目次

 

 

文学評論家の韓基煜は申京淑(シン・ギョンスク)の長編小説『父親に行ったのよ』を集中的に見てみながら、韓国近代の激動期を固有な個人であり伝統的農村共同体の家長として生き抜いた父親の人生が娘の視線を通じて叙事化される過程を綿密に読み取る。記憶の叙事を個性的に活用する作家固有の創作方式に注目しながら、事実的叙事と一団となった情動的場面が芸術の現在性を獲得する地点を繊細に分別し、作品が成し遂げた文学的成就を均衡的に評価するところが引き立つ密度の高い批評である。