[目次] 2013年 春号 (通卷 159号)

卷頭言

韓基煜 / 大統領選以後も育んでいくべき「変化への熱望」

 

特輯_2013年には何をすべきか

高 源 / 「新たな政治」への省察と前進
朴昌起 / 朴槿恵政権が経済危機を克服し成功するには
孫   洌 / 世界の権力地形の変化の中における韓国の戦略
李宰勳 / 學閥社会體制をどう破るか

 

姜聖恩 / 冬休み ほか
金思伊 / 私を買ってくれませんか ほか
金宰槿 / 眠る羊の耳打ち ほか
羅喜德 / しかし今晩が来る ほか
朴贊一 / しゃがんだ姿―政治のメロディー ほか
沈甫宣 / 血 ほか
李相國 / 江邊駅 ほか
李永光 / 巣の上のもの ほか
李異體 / 生き残った恋人のための別れ歌 ほか
李楨錄 / 私が好き ほか
李鍾文 / この人、誰? ほか
崔勝子 / 人々が ほか

 

小說

孫寶渼 / 大觀覽車
崔臍勳 / 現場不在の證明
(長篇連載 3) ソラ、ナナ、ナギ_黃貞殷
(長篇連載 4) 私のすべて_鄭梨賢

 

對話 _2012年と2013年

金龍龜·白樂晴·李相敦·李日榮
作家スポットライト_黃晳暎 長篇小説 『여울물 소리』
白智延 / 愛と革命、その絶えない物語

 

文學評論

申亨澈 / 2000年代の詩の遺産とその相續者ら
卞鉉台 / ミハイル・バフチン(M. Bakhtin)の小說理論とその現在的意味
林熒澤 / 林和の文學史認識への論理

 

文學フォーカス

朴相守 / 愼鏞穆の詩集 『何気ない日の都市』
李康盡 / 白象雄 の詩集 『巨人をみた』
金娜詠 / 黃仁燦の詩集 『九官鳥洗い』
李素姸 / 李惠敬の小說集 『きみのいないその場』
田哲熙 / 徐柳美の小說集

 

寸評

柳東民 / 邊衡尹・尹辰浩の『冷徹な頭、熱い心を病む』
沈慶昊 / 林熒澤の『漢文敍事の領土』
金興圭 / 崔元植の『文學』
鄭鉉坤 / 申祥喆の『天安艦は坐礁です』
李起豪 / 吳在植の『私に花として近づく現場』
張殷周 / フィリップ・ペティット(Philip Pettit) 『新共和主義』
金仝洙 / ローラン・ジョフラン(Laurent Joffrin) 『キャビア左派の歷史』
張大翼 / ノーム・チョムスキー(Noam Chomsky) ほか 『サイエンス イズ カルチャー』
金燕景 / リュドミラ・ウリツカヤ(Ludmila Ulitskaya) 『ソーネチカ』
千智賢 / 文化遺産の百年大計を期待する (文化評)
 

第11回 大山大學文學賞の受賞作

權智娟 / 詩_暴力の歷史 ほか
張熙台 / 小說_シアン、鼠と共に眠る
孫柔美 / 戱曲_月暈
李浩善 / シナリオ_私のおばさん
金宣雨 / 評論_獨學者、それで移行する者の散文