[目次] 2021年 秋号 (通卷193号)

卷頭言

子供たちがよく育つ国 / 白智延

 

特集 ロウソク革命5年、新たな進展のために

朴亭垠・李南周・李貞澈・黃圭官 / [対話] 「ロウソク革命」の現在と「ロウソク政府」2期の課題
申晋旭 / より大きな正義で公正を書き直す
成在鎬 / 言論改革、どこまで来たか:改革のパラダイムの転換が必要だ

 

特別座談

金容沃・朴孟洙・白樂晴 / 東学の再認識、今日の道を問う
 

 

姜恩喬 / 花びら一枚 ほか
金美怜 / 霧の工業団地 ほか
朴城佑 / ピアノ ほか
安舟徹 / 背中の開いた人 ほか
李珪里 / ゼラニウム ほか
李雪夜 / レスタベック(restavec) ほか
林善起 / ピアノで行く雪畑 ほか
張味導 / 広場宣言 ほか
張承里 / 難コース ほか
趙仁鎬 / 神様よ、女王を救ってください ほか
崔志認 / 堆積 ほか
南弦志 / 湖公園 ほか (創批新人詩人賞 受賞作)

 

小説

崔銀美 / 向き合い (長編連載 3)
姜禾吉 / 廊下
金呂玲 / 技術者ら
孫寶渼 / 火遊び
成慧玲 / ユン ソ ジョン(創批新人小説賞 受賞作)

 

文学評論

韓基煜 / 韓国の近代を生き抜いただけ: 記憶と現在性の芸術としての『父親に行ったのよ』
朴笑蘭 / 「私」はなぜ「あなた」なのか
金周源 / ヒューマニズムの外部と開きの存在論: シン・ヘウクの詩について(創批新人評論賞 受賞作)

 

作家スポットライト

李文宰の詩集『一人の広さ』
愼哲圭 / 詩の以前の詩、詩の向こうの詩

 

文学フォーカス

この季節に注目すべきの新刊 / 朴東檍・鄭智我・黃仁燦

 

現場

李泰鎬 / 天安鑑、まだ引き上げられていない真実

 

散文

南相旭 / パンデキック時代の動物、そして人間

 

寸評

朴哲 / 廉武雄の『地獄に落ちないために』
黃靜雅 / 黃洙瑩の『近現代フランス哲学の根』
金昭摞 / プルーデンス・チェンバレン(Prudence Chamberlain): 『第4波フェミニズム(The Feminist Fourth Wave』)と金・ウンジュ(Kim Eun-Joo)ほかの『波打つ時間』
成銀愛 / 李・ヘミ(Lee Hyemi)の『資本主義キッズの反資本主義的奮闘記』
金亨洙 / 佐藤優・片山杜秀の『平成史(日本はどこに向かうか:韓国題)』
姜姸實 / 労働環境健康研究所企画の『苦痛に名前を付ける人々』
李定垠 / ソウル大学兄弟福祉支援研究チーム編の『絶滅と更生のあいだ』
申美奈 / 孔善玉の『寒くて暑いわが家』

 

第39回 申東曄文学賞 発表

李政勳の詩集『ソガリ(コウライケツギョ)、虎』
朴相映の連作小説『大都市の愛の仕方』
張恩暎の評論「人間的な死、そのような未来を想像すること: Kim Sa-i論」

 

2021 創批新人文学賞 発表

 

第36回 万海文学賞 最終審 対象作 発表

 

創批の新刊

 

読者の声